« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月

予防注射

20071130口の裏が白いぞ。ぐんにゃりしていますね。いつもだけど。今日はインフルエンザの予防注射を打ってきました。最近の注射は痛くないんですね。こみみにまけずにぐんにゃりしています。

昨日は青山で(ふっふっふ)ポスターとフライヤーのデザイン検討。革命的な(我々限定)案が降ってわいたので、濃厚エロス路線から冷徹実験室バージョンへと路線変更。カフェのスタッフさんも巻き込んでの英断。と言い切ってしまおう。スタッフさんたちは急な呼び出しにも嫌な顔せず出て来てくれて、救われる思いでした。

|

あえての、脳内メーカー


今更、脳内メーカーやってみました。結構傷つきました(泣)。
鼻から〝変〟が溢れていますよ。口からじゃありません。鼻からです。

|

泥棒

20071128泥棒みたいですがそうではありません。ヒゲがあまりにもリアルすぎる。セーター横縞だし(笑)。
「複眼リアリスト」での会場音響を担当してくれる奥野翼こと、サウンドアーティストmamoruくんです。美術館の通気口にスピーカーを仕込んでどの程度の効果があるか調べてくれているのでした。既にそこにある環境を積極的に取り入れるのが得意な彼は、都市の中の美術館には強いアーティストだと思う。私の『SLEEPERS』シリーズの静謐さとバトルしてくれることでしょう。

|

対談収録

今日は、やなぎみわさんと対談収録&フォトセッションがありました。初対面でしたが思いのほか楽しく会話が成立したので安堵しました。とてもクールで格好良い印象のひとです。
 実は、アートトップさんで16ページに及ぶ特集!を組んでいただいていて、佐藤美術館での個展の補足テキストにもなる内容です。コンテンツは対談・諏訪敦 vs やなぎみわ、川本聖哉撮影の制作ルポなど、かなり突っ込んだものになる模様。エディター、デザイナーともに頑張っていますので、是非買って読んで下さい。12月20日発売。
20071123
昨日、花園神社に通りかかると縁日でした。

|

習作

1995個展「複眼リアリスト」に出す絵を選別中。アトリエをがさごそ夜毎漁る毎日ですが、こんなものが。スペイン時代に習作で描いた羊の頭の縦割り。
肉食の伝統は日本の比ではなく、こんなものも煮込みにしたりするため普通に肉屋さんで売っている。最初はかなり引いたものだが、慣れてしまう事にショックがありました。ナイーヴぶっていたくせに1年も過ぎた頃にはウサギの脳ですら抵抗無く食べてた。私は。そういえばその頃仕事に来ていたベジタリアンのモデルに言い訳するのが大変でした。そのせいで未完成と言う訳ではないが。
完成度云々以前の、描き殴り状態だけど変な清潔感がある。そう感じるのは自分だけかもしれませんが、これは多分展示する事になります。

|

これは何だろう。

20071119遠方のKさんよりお届けものが。開けるとなんだか不思議な形態の焼き物その他、厳かなモノが。御茶っ葉が同梱されているけど、(飲んではいけません)と但し書きが。よくわからないので、カムパの周りにインスタレーション。現代美術を舐めるなあ嗚呼!!!とか怒られそうですが、猫も困惑顔。どうやらお香のごとく炊上げる道具のようです。ありがとうございます。やってみます。リラックスできるかな。
今日は自宅でモデルさんも交えてフォトセッション。へとへと。
カメラマンKさん、狭い、狭すぎる、十万石饅頭(埼玉限定)なアトリエですまんです。
密室感バリバリのCOOLな写真に仕上がっていたら、嬉しい。

|

迷い猫

20071118近所を散歩中ひろいました。幼稚園児の名札のようで可愛すぎるデザイン。これをごつい運送業者が日夜胸につけている訳です。吉田さんは預かっていますので、とりに来て下さい。
明日は雪が降るかもしれないそうですね。

|

行方不明

20071116ちょっと前にこんな絵を描きました。開催中の北海道立近代美術館の企画に展示されている「親なる崖」のいくつかあるバージョンの内のひとつで、一番小さなもの。
これもやはり並べて展示してみたくて捜しましたが、知らない間にどこかのコレクターの手に渡ってしまっていて、ついに行方不明。私はけっこう作品の行き先チェックはしっかりやるほうですが、これは例外でした。展示も断念。
本当に小さくて、あまり難しい事考えずにするすると描いた絵なのだけど、もう目にする事はないかもしれません。

|

池田くん

20071112これが私の画集の正しい利用法であるようだ。気づかなかった。
写真の男は池田光弘。現在シュウゴアーツで個展「宙を繋ぐ」を開催しているそう。12月8日(土)まで。
VOCA奨励賞受賞など、前途洋々の弱冠29歳。同時期に北海道立近代美術館「Born in HOKKAIDO 大地に実る、人とアート」展にも、私ともども参加している。併せて御鑑賞下さい。

|

身内連絡

20071111北海道に早朝移動、昼にギャラリートークをぶちかまし、チーム学芸員と打ち上げ飲み会で軍鶏を食い(絶品)雨の札幌をタクシーで爆走、深夜カラオケで轟音熱唱、深夜3時まで男組従兄弟会北海道本部で四方山話、翌日朝飛行機に飛び乗り羽田から麹町の結婚式場に直行、従兄弟の結婚式に出席及び雑用と殺人スケジュールをこなしてきました。

それにしても、お嫁さんの尻尾はとても長いものである。とても綺麗なお嫁さんでした。
期待のAさんは渋い花嫁の父っぷりでした。おめでとうございます。

|

狸寝入り野郎

20071109こみみは主人が隣であくせく働いているのをよそに、ぬくぬくである。

寒くなってきましたね。

猫風情に毒づいても状況は何ら好転しないことをしりつつ、意地悪な視線を送っていると、気配に気がついて薄目でこちらを窺って居る。
世の中では昨今、空気を読む事が強く要求されるらしい。
こみみは何処でだって大丈夫だ。

明日、北海道立近代美術館で14:30より浅川学芸員とギャラリートークをぶちかましてきます。
留守番を頼み、一泊とんぼ返り強行軍の一人旅。落ち着きの無い奴である。実は私も出品者のくせに初めての会場入りです。
ご近所の方は是非。大した話は出来ませんが。
都会で薄汚れた画家の作品を見て「嗚呼、入場料を損した」と思ったとしても、そこはそれ。浅川学芸員は抜かりありません。出口付近には汚れなき北海道児童の清い清い大量の作品群があるらしく、みなさんの穢れまでも祓ってくれる事でせう。

|

ねこね鉢 3.0

20071108毎度おなじみねこね鉢。
そう毎日は目新しい画像は撮れない訳で。
今日は親戚に頼まれた結婚式のウエディングボードなるものをこそこそ描いていました。
お祝いというのは、どうすべきかいい年して良くわかりません。
エロは駄目だよね。

各画廊の突き上げも激しい昨今、こんな事している場合か。
そんなわけで秋恒例のグループ展は残念ながら不出品であるとおもいます。(泣)
美術館の企画ばかりに関わると、心は満たされるけどマーケットに貢献できない。

危うく難しい話を始めるところでした。
今日はメディアの取材に答えなければ成りません。睡眠とらなきゃ。


|

家屋内の自然

20071103作業用排水溝で筆を洗っているとうごめくものが。

ヤモリ君である。
うちにはプレデターこみみがいるので、一泊していただいた後、外に出しました。
アップで見るととても美しいものだ。

!連絡事項。
明日、私の集中講義をとった可哀想な学生たちは、ぜえったいいいいに、遅刻するんじゃねえぞ。(自分が遅れたりして)ゲストによる学外授業です。場所がわからないボケは、優しい助手さんに聞いてください。
以上。

|

苦悩の日々。

20071101_2私のいまの気持ちはこんな感じ。

まったくいろんな事に不測の事態が続いている。
お手上げになりそうなところを踏みとどまっている。

耐耐耐耐耐耐

こいつらがいなければ心は荒みまくっていた事でしょう。

それはそうと、めでたい話も。
今日から北海道立近代美術館の「開館30周年記念企画Born in HOKKAIDO 大地に実る、人とアート」で出品しています。北海道にお住まいの方は、是非。風景を中心に6点程参加しています。

|

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »