« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月

申し遅れました。

20080126ここ数日、いろんな事がありました。ここは美術サイト(笑)なので、それに絞って話します。
1/26のコロタイプ実演イベントには御来場ありがとうございました。まさか3時間も拉致されるとは思わず、中休みに避難した方々も含めて(笑)大感謝です。今日になって芳名帳をチェックするととんでもなく遠いところからもいらっしゃっているんだと分かり、感涙でもうコロタイプは刷れません。後日、それに刺激されたのか、別のメディアの工房から挑戦状が届いたり、なかなか意味深い物でした。
便利堂の山本さんは職人らしい技術に裏打ちされた悠然たる語り口で、観衆を魅了されておりました。あのイベントは彼無しでは成立しませんでした。
写真は瑠璃版と言われる根拠のコロタイプの原版。
極厚のガラスでかなりの重量ですが美しいです。。

尾崎君へ。オリオンズ、チェックしましたよ。凄い。色んな意味で。

27日、大阪より村田氏が黒装束の美女2名に両脇を固められ登場。正に登場。格好良かったです。
寒い中ありがとうございます。

|

草の根運動(笑)

20080128これは学生がくれた猫画像。面白いのでみんなもみなさい。くすくす。

さてさて。

「複眼リアリスト」も始まりましたが、来月まだひと月程度会期があります。長い。美術館で個展をすると、アーティスト側にも少し宣材のポスターをくれます。でも私が保管するのはせいぜい3枚程度でいいので、残りを放出しようと考えています。
ここで募集。企業、各種学校や専門学校、各種店舗、画廊、各種施設など、公共の場に「複眼リアリスト」のポスターを貼っていただける方がいらっしゃれば、私のストックに限りですが無償提供致します。草の根運動(笑)。協力いただける方は左のメール送信より、直接私までメールにて御請求下さい。個人のコレクションは、今回はご遠慮下さい。

|

御礼

毎日、自宅に辿り着くと同時に爆睡の日々が続き、更新がなされていません。こうやって大規模な展示をやっていると思わぬ方々にも出会えたりします。今夜、本格的に更新しますが、急ぎのコメント。

父のスケッチブックを持参戴いたO様、どうもありがとうございました。

以上。

|

倍音原理主義者ども

20080123「複眼リアリスト」の3階会場では、mamoru君のサウンドインスタレーションとのコラボになっているが、隅で怪しく発光する機械に眼を奪われた方たちもいらっしゃったはず。
これですが、小松音響研究所の小松進さんのハンドメイド真空管アンプ。小松さんはgrafと共同開発した「KG-amp」で御馴染みかと思う。セッティングの際、説明を一通り聞いたが何の事やら。@@@今回の特注アンプも2台含まれている。
機構は理解できずとも、機械として文句無く美しい事は理解できる。これだけで展覧会をやりたい程だ。
アートパトロンを公言するTさんは「こんな隅っこに!贅沢な使い方してちゃ駄目」と声を荒げた。私もそう思う。けど、みんなで死ぬ程考えた。
あの会場に入ると、外界と倍音で震わされた空気の層との結界を感じていただけるはず。空気のプールに沈められたような。そのためにはこの魅力的な物体は欠かせない。
彼らの輪の中に入って会話に参加すると、全く別の言語で生きている事がわかる。異教徒である。

|

TV収録

20080121
今日は休館日でしたが、午前中に新日曜美術館アートシーンの収録がありました。わずか数分間の映像の為に2時間程かけて丁寧に収録します。カメラさんたちの手際に感服。現在のところ節分の日に放映予定です。
午後はお馴染みのアートポータルサイト GADEN.JP さんの取材。前日徹夜で眠くて仕方ない。発言もぼんやり。mamoru君とのコラボ話を中心に。
乞う御期待。

で、夕方は両国国技館に居ました。頭は完全に眠っていて、轟音で目が覚め気がついたら眼前で朝青龍が圧勝していました。夢遊病のようです。どうやってここまで来たんだろう。

|

アーティストトーク

20080120「複眼リアリスト」の付帯イベントのアーティストトーク+ライブにお越しいただきありがとうございました。
会場の音響を担当してくれたmamoru君は、去年のBankART Studio NYK での即興を観て、急に依頼をした訳です。今日のスペシャルライブも倍音バリバリでした。スピーカーも含め音響設備は全て特注。小松音響の真空管アンプの美しさにもしびれてくれたことと思います。

思いのほかの動員で、入場できなかった方もいたそうで申し訳ありません。あの空間で200人は無理だったようです。私達も15分前あたりからどんどんひとが増えて慌てました。日本人って時間に正確だ。
既知の面々も訪れてくれましたが9割は若くて初対面の方たち。これを契機に美術に親しんでください。
混雑している印象がありますが、平日は比較的空いていてゆっくり観られますので、是非。

疲れたのでもう寝ます。

明日は休館日ですが、NHKの取材です。

|

美術界猫自慢01

20080119昨夜かかって来なさいと言い放ったら、早速 美術界猫組長を自称するSさんから猫自慢写メが。

ミケちゃんだそうです。

ってサバ虎じゃん。
と、こまかい突っ込みを入れつつ、新機軸のネコ篭にじんわり。やはり丸いモノに入りたがるのだなと再確認。幸せそう。

本家の公式サイトで、Galleryページを数年ぶりに更新しました。
SLEEPERSを少しだけアップ。
http://members.jcom.home.ne.jp/atsushisuwa/

|

捏造ライオン

20080118ライオンです。
小型の。

嘘です。

ダウンジャケットのファーでくるりと。すごく機嫌悪そうです。

今年のバトル企画展案を某作家さん(かなり意外な方です)とまったりミーティングしていた最中、美術館から呼び出し。天下の週刊新潮さんから急遽取材依頼。地下鉄に飛び乗り、ぜ〜ぜ〜。美術館に戻り少しとりとめの無い話をしました。一般週刊誌の記者さんに問いつめられるのも初体験。この模様は来週24日発売の週刊新潮アート欄で読めるはず。記者さんが呆れて企画を変更しない限り。
その後、アートトップ誌のSさん登場。業界四方山話=移行=結局猫自慢。5匹も飼われているそうだがそのうち4匹は捨て猫をまとめて引き取ったと言うとんでもない豪傑。将来、アートトップさんで業界猫特集が組まれる日は近い(笑)。私の他に猫番長を自称するアーティストは、かかってきなさひ。

|

個展初日

20080117_3はじまりました。
複眼リアリスト。
今日はやたらと濃ゆい方々がいらっしゃって、かなりへとへとになりました。美術界の御意見番のT先生、つづいてT館長さんとは初対面でした。その他お世話になっているギャラリスト、プレス、イスタンブールから旧知の作家のSさん、愛好家のみなさんも楽しんでいただけたでしょうか。
これからおよそひと月半の長丁場で、毎日出ている訳ではありませんが、随時改善点をチェックし、より緻密な展示にするつもりです。

家に帰ると、暗い隅っこでカムパが捨て猫気分に浸って楽しんでいました。自虐的です。毒されています。

|

金属フェチの心 03

『複眼リアリスト』セッティングとライティングのチェックで深夜まで帰宅できませんでした。
昼の休憩の合間、千駄ヶ谷には古い神社があるのでお参りに。境内には劇団役者とおぼしきカップルが台本読みを。神社は決まり事に自らの動きを当てはめるのが楽しい。
納札所にはパワースポット(笑)にふさわしい、縁起ものグッズが花盛りである。なかでもこの鈴は出色。シンプルで可愛い。羽根のデザインが秀逸。
喜んでこみみに自慢していたら喰われました。

20080115_2


|

釜猫

20080112美術ネタが続いたので、箸休め。
21世紀の釜猫。

ひょっこり。

うちの猫ではありません。
数年前の学生が写メ送ってくれました。
一応、丸いものには入っておきましょう。

|

準備中

20080111今日は7割程度の作品をセッティングしてきました。昨夜2時間睡眠だったのでおもいっくそ遅刻をして学芸員さんたちに呆れられ、身の細る思いでした。(昔からあの子はそういう子でした。母談:嘘。)
17日初日ですが、オープニングパーティーは苦手なので例によってやりません。でもたまにこっそり顔は出します。
にしても作品が多すぎる。減らすべきか思案中です。

|

やんごとなきブツ

20080110昨日は大人の密談会。鮨旨。Tさん寝てるし(笑)。
それはそうと珍しいものいただきました。私はタバコを触った事さえ無いとんでもない優等生でしたが(笑)、モノとしてはさすがに端正で美しいです。この恩賜のたばこは健康増進法の制定に伴い2006年末をもって廃止だそう。ちょっと残念。猫にはあまりアピールしませんね。

|

仏像ごっこ

20080107HPのトップ絵が御無沙汰の更新で驚かれた方もいたと思います。これはお正月を犠牲にしてさっき送り出したものです。「お正月」というタイトルにしようかと思案した程です。
真面目に説明すると、これは小さいながらも Sterotype の7作目で「仏像ごっこ」がテーマの小品4点組み作品です。他は御約束の阿修羅や薬師如来などがモチーフです。これで実物大レプリカのポートフォリオを便利堂で制作しミュージアムグッズとして26日の便利堂とのイベント以降、佐藤美術館で販売を開始します。乞う御期待。

これからやっと年賀状書きます。来たら出す。

|

猫のしあわせ

20080104昨日は新年早々仕事関係のお客様がいらっしゃった。さっそくこみみは膝の上ですりすり。年末に連続した雑誌のアトリエ撮影の際は、黒くて重そうな機材が恐くてずっと雲隠れしていたのに、お客様がやさしそうだとこれである。写真を見て初めて気がついたが、爪まで立てている。あわわ。
先日も学芸員さんのベロアのジャケットを毛だらけにした前科がある。

|

俺のしあわせ

20080103干し貝柱の袋から空壜に移し替えるとき、何故か言いようの無い幸福感に浸れます。新年早々。移し替える瞬間、嗅覚と視覚が同時に満たされます。しあわせ。乾物全般も大好き。

|

新年

20080101あけました。
でも私にお正月はないです。お正月は2月にでもこっそりやります。(笑)毎年お茶の時間に年賀状の返事を書く事はもはや恒例行事です。遅くなって済みません。

こんな感じで7日までは新作の小さな組み作品を制作しています。
証拠写真。

|

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »