« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

2010年12月

正月牡丹

20101231

牡丹を贈っていただきました。GR DIGITAL III でスナップ。
なんでも、末春咲き牡丹を正月に咲くよう、調節した品種だそう。
先週いただいたときには堅い蕾でしたので、二階に放っておき、今朝見に行ったらこんなことになっていました。確かに正月には満開になるでしょう。めでたい。
正に絵に描いたようなとてつもない豪華さで、綺麗ですが、金属工具だらけの武骨なアトリエに置くには気恥ずかしさもあります。
でも何でこんなものをいただけたのでしょう。まさかこれを描けっていうんじゃないですよね(笑)。

僕には正月は今年もないようです。みなさんも良いお年を。

| | コメント (2)

ニシエヒガシエ

昨日、ある肖像画の依頼に応えるべく、依頼者の家までリサーチ&デッサンに行って来ました。やっぱり詳細は明かせませんが、実はとんでもなくハードで無理な依頼なのです。
更に更に僕が取材で訪れ、制作している一般家庭の室内で、これまた僕を取材している人間までもがそこにいて、カメラをまわしているというスパイラルな状況。

どっっと疲れてさっきまで寝てました。

明日はとても驚きに満ちた依頼により実現した、別件で動いている制作のために都内へ移動。緊張する。

|

RICOH なクリスマス。

20101225
ずっと訪問出来なかった写真専門の神保町画廊に初めて寄りました。そこで出品者の鈴木光雄さんと、オーナーの佐伯女史と雑談していましたが、その場で実は・・・という感じで全員RICOHカメラユーザーだということが発覚、おおいにもりあがっていたところ、鈴木さんの友人のこれまた写真家、安達ロベルトさん(左)が偶然来訪。
思わず持ち歩いていた、GR DIGITAL IIIでスナップ。
安達さんはGRのカタログ写真を手がけた方だと言う。これは運命と言うか (大袈裟) 僕はGRを検討していた際、カタログの美しさに後押しされて購入を決めたのだけど、その張本人をそのカメラで撮っているなんて。いたずらで因果が一周したような出来事でした。
美術業界、RICOHユーザー率高いと思う。

| | コメント (0)

3年前のいまごろ

20101222
3年前のいまごろ、これに夢中でした。見れば見る程怪物的なフォルムです。瞳がつぶらなのもなんだかコワい。「進撃の巨人」という漫画が流行っているみたいですが、でかいというのはそれだけで強烈なものですね。

寒空の下ちょくちょく檻の前に見に行ったりしてたのです。つい昨日のよう。たかだか3年で周囲の変化には唖然とします。
僕は僕で、現在、全く別の関心事に没頭しています。

今夜は、打ち合わせにいったつもりが、ついつい今年初めての忘年会に参加と相成りました。実は大人数の飲み会は苦手なのですが、けっこう楽しかったです。

| | コメント (0)

コスプレ狼 その後

20101217
先日の狼ですが、やっぱりこんなことに。
今年はトナカイでした。
なんだか悲しいぞ。

| | コメント (1)

コスプレ狼。

20101215
広島の目抜き通りに鎮座する〝男らしいお店〟のショーウインドーには、季節に沿ったコスプレをする健気な狼が佇んでいます。彼の地ではけっこう有名かもしれません。この季節は毎年クリスマス仕様になっているはず。今年はどうかな。明日確かめて来ます。

| | コメント (0)

ブロック

20101213
「ちょうこく」だそうです。不思議な造形。
ブロックは建築家のスタディでも使われる、意外な優れものです。
王道のLEGO派と国産のダイヤブロック派に分かれるみたいですね。
ちなみに僕は小さい頃、ダイヤブロック派でした。


20101213_3とか言っていたら、ブログの読者の方からメールが。コメント欄がクローズでしたね。申し訳ありません。
このブロックは、ダイヤブロックの新製品、世界最小級ブロック nanoblockだそうですが、組み立てたばっかりの画像をありがとうございました。

なんだろうと思っていたら、ミーアキャットだそうです・・・。

|

サウダーデ

20101109
この絵はいくつか印刷物になっている様ですが、あまりに色がひどく変わって印刷されていて(明る過ぎ。軽過ぎ。)見るのがつらかったです。元データがそうなっていたので致し方ない。ささやかな抵抗として実際の雰囲気をここで御見せします。
でも色の校正だけじゃつまらないので、制作途中のレア画像を。7月頃です。

こういう絵が許せないという向きもあるでしょうけど、こっちは腹を括ってやってることなので、どうか御容赦ください。

|

いただきました。

20101201
先日、愛猫家で有名な某画家さんより、お手製の猫のおもちゃをいただきました。さすが猫のツボを心得ているらしく、こみみもすぐに気に入って、がっちり放しません。
こみみに代わり、御礼を申し上げます。ありがとうございます。
それにしても、不思議な造形です。

| | コメント (2)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »