« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

図々しいのにも程がある。

20120130

うちの猫は、臆病なくせにお客さんが大好きだ。
多分、知らないにおいが嗅げるためだと思う。
先日も、仕事の依頼でいらっしゃったお客さんおふたりともに、まんべんなく甘えて、合計1時間程も御膝にのせてもらいました。うちの洗礼のようなものです。

| | コメント (4)

御待たせしました。

辿り着いたBAR で遅すぎる夕食をとってます。
例によっておひとりさまで飲みながらの更新です w。
アテはこんな感じ。

20120125

本題。

NHK ETV 日曜美術館 記憶に辿りつく絵画~亡き人を描く画家~ アンコール放送決定です。 リクエストしてくださった方、待っていてくれたみなさん、御待たせでした。
2月19日、26日 なので去年見逃した方は、是非。
日曜美術館 スケジュール

この番組でのメインコンテンツになる「恵里子」に関連する制作レポートは、画集「どうせなにもみえない」に詳しいです。
更に3月6日書店に並ぶ、集英社の言論誌「kotoba」にも違った角度の分析が出る予定です。

| | コメント (13)

Twitter まがいの更新

こまったぞ。目とか、疲れまくっているのに何故か眠れない。ていうか、朝じゃん。
せっかくほろ酔い気分でマンションに転がり込んで、そのまま寝てたのに、おかしな時間に携帯で起こされたりしたせいだと思う。
明日、ちゃんとした更新しますね。

| | コメント (2)

沙羯羅龍王像と御知らせ

201201191

御知らせです。
17日発売の美術手帖「松井冬子特集」で、数ページのインタヴューにこたえてます。この雑誌はどんな書店でも比較的簡単に見つけられると思います。
昨年以来のコラボにまつわる所感を、率直にお話ししたつもりですので、是非。

浅草に寄りました。辰年にぴったりな沙羯羅龍王像に思わず足を止めたのですが、先日奈良で興福寺の乾漆八部衆立像群の中に拝見した、天平のそれとは打って変わってなんだか文学青年の趣。それもそのはず、高村光雲先生の手による明治の作でした。それにしても、近代彫刻風味 w。

201201192

帰りにやはり都内屈指の歴史ある喫茶、Angelus でバナナボートを。けっこうお腹にくるけど、スポンジが美味しい。

| | コメント (5)

金属フェチの心 42 開化堂 茶筒

20120116
京都に寄りました。
和物の御土産が豊富な町です。京都一保堂茶舗で金属製茶筒を買いました。ブリキの開化堂茶筒の精度は既に有名で、東京のセレクトショップでも見かける弩定番。なのに買ってしまったのは、京都一保堂茶舗のロゴが割り印ぽくキュートすぎたので、つい。煎茶をどれに入れたか、もう迷わない w。
毎日使うことで「手擦れ」により風合いが変化し、30年も使うと真っ黒になるそうですが、そこまでへこませずに使えたら、奇蹟だと思う。きっと僕には無理。

| | コメント (4)

原稿ふたつ、校正中。

20120111

Twitter みたいに、実況的な更新を。
このごろ、おひとりさま飲みが板について来て、先日発見したbarでこれを更新してます。
カウンターでたったひとり真剣にMACに向き合って、遅過ぎる夕食をとりながら原稿校正をやっている僕は異様だけど、バーテンさんたちはちゃんと放っておいてくれます。
日本では珍しくナイフでハモンセラーノを切れる厨房があることも、深夜までやっていることもポイント高い。
でも、この時間(23時)まで、ヤンママたちのグループが幼児を連れて酒場にいることが気になってしまう。この地域では普通なのかな。
ハーフボトル1本でやっと、原稿をひとつ、送信出来ました。

そうやっている間に、この区内で凶悪犯が脱獄したばかりというニュースが。こわいなあ。

| | コメント (5)

金属フェチの心 41 ELM 金属製手回し鉛筆削り

20120108

御無沙汰の金属フェチ。今回は初心に戻って金属製手回し鉛筆削り。
60年代にもっとも多く出回った、ELM の NO.8000 MOD.S 。
この型はカラバリがほんとうに多彩で、なかでもこの色はお洒落だと思う。

先日、連休中の集英社で、言論誌「kotoba」の取材をうけました。
『伝えるべき価値のある言葉をさまざまな識者、作家、ジャーナリストの方々に取材する、季刊言論誌(文:集英社)』だそうです。毎号、大きなテーマで特集を組み、現在販売している号は「男と女」、僕が取材を受けた第7号の特集は「死を想う 悔いなき最期をどう迎えるのか」
発売はちょっと先の 3月6日です。活字好きの方は、是非。

| | コメント (6)

新年、起動済み。

20120107
これは去年撮った渋谷の風景。没後現在も都内ではそこここで見られる岡本太郎さんの壁画。そういえば、壁画ってやってみたいな。雑務を捨て去って、何年もかかるような大きな作品に没頭することができたら、どれほどせいせいするだろう。

今日は美術とはまったく関係ない、一般寄りの、いわゆる言論誌の取材です。このところ、一昨年までは考えられなかった方面の御依頼もいただけるようになりました。数ヶ月先の媒体ですが、発売になったら御知らせします。

おとといは畑違いの方の訪問があって、制作をしたりしてました。それにまつわる仕事に友人を新年早々引きずり込んだり。すでに回転しはじめていて、正月気分、あまりないのです w。

| | コメント (3)

あけましておめでとうございます。

20120101

1発目はどんなのがいいかな、と思いあぐねましたが、現在、六本木の日当りの良い場所で、国芳回顧展が開催されている餞として、私物の国芳をアップします。この力の抜け具合、最高傑作 w。
新年恒例の『年賀状をくれたひとに年賀状を書く』をやってます。さっき、今日の分を終えました。ぜえぜえ。送っていただいた方、明後日には届くと思います。
みなさん今年もよろしくお願いします。

| | コメント (11)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »