« このごろ | トップページ | ベルリンでのこと。 »

金属フェチの心 66 満田晴穂さんの自在置物。

201411264

金属フェチの心 と銘打っている以上、いずれ話題にすると予想された方もいるでしょう。明治期の超絶技巧を再評価するような、この動向の先駆にして渦中にいる、満田晴穂さんを紹介します。自在置物とは、幕末に行き場を失った武具や甲冑師の技術が奇形的に発達した末に出来た、輸出工芸品の呼び名です。それを現代美術のフィールドで展開したのは、レントゲンヴェルケの池内務さんの慧眼であったと思います。
私とは、企画展「功術」の起ち上げに関わって行った中で(現在は離れています。)、池内務さんに、彼を御紹介いただいた経緯があります。六本木クロッシング2013展:アウト・オブ・ダウトでの出品作が話題を呼んだので、御存知の方も多いと思いでしょう。とんでもない精度で、美術愛好者のみならず、昆虫マニアの注目も集めています。上は、自在置物腹広蟷螂(ハラビロカマキリ)。

201411263

26日、広島市立大学まで、金工の永見教授の招聘で、特別講義にいらっしゃいました。
自在置物の実物を公開する瞬間。実物大の金属製立体造形。信じられない精度に教室の温度が上がった瞬間です。驚嘆の声に包まれました。学生には実際に触る事も許されましたが、ここまで繊細なものなのに、意外な耐久性をもった、丈夫なものでした。

201411260

講義終了後、僕のスタジオ 641LABO.に遊びに来てくれました。ゼミ生とスタッフに、自在置物フナムシ(笑)を手渡す瞬間。授業では未公開だった、ミヤマクワガタも。

気色悪い、おそらくは嫌われ生物の代表格であるフナムシも、金属に置き換わってしまうと、その嫌悪感が浄化されてしまう。女性も何の抵抗も無く驚きをもって手を伸ばしています。

201411261
フナムシを裏返すと、おぞましい程の再現。ここまでくると、それがどんなに苦手な生物でも、問答無用に感動してしまう。この極細の足の全てがリアルサイズで、完璧に動くのです。その滑らかさに、また驚嘆させられてしまうわけです。芸術作品の圧力というものは、小さな精度にも宿るんだと、みんなが思い知った日でした。

|

« このごろ | トップページ | ベルリンでのこと。 »

コメント

この、ぞわぞわ…
テトラポットを蠢いていたあ奴そのものですね~
なぜか、“熊田千佳慕氏”を連想しました。

投稿: chiaki | 2014年12月 3日 (水) 21時51分

またすごい金属ですね。自在置物を触れるなんて!貴重な体験ですね。美術作品に手を触れることは不可能なことが多いのでうらやましいです。
実物大で滑らかな動きまであるとは。設計図の様なものはあるのでしょうか。
生き物としては苦手ですが他の素材で再現されると引き付けられてしまう魅力は不思議なものですね。

投稿: ゆみ | 2014年11月30日 (日) 09時18分

人(女性)から産まれるのは人間のみですが、人の手や脳(思考)から産まれるのは、なんて多様!作品とともに、仕上がるまでの一部始終をも見てみたいですね。

投稿: よんよん | 2014年11月28日 (金) 23時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« このごろ | トップページ | ベルリンでのこと。 »