« トークイベントを開催します。 | トップページ | 諏訪敦 「美しいだけの国」 »

「写真と絵画に内包される記憶」  鈴木理策 × 諏訪敦 後日談。

201501181
2015年1月18日 に開催された、連続トークイベント
「写真と絵画に内包される記憶」  鈴木理策 × 諏訪敦 に、多くの御来場をありがとうございました。
IMA CONCEPT STOREは、六本木AXISビルにあって、ちょっと懐かしくも相変わらずオシャレなビルなのでした。

201501182

私からは、こういうふうに皆さんが見えてました。席が埋まった状況では、なおさら真っ暗で、ほとんど判別ができない。
知っている方達も多数来られていたようですが、全員と言葉を交わす事はかないませんでした。すみません。やっぱりこわい?(笑)。

201501183

隣でながめる鈴木理策さんは、こんな感じでなかなか格好いいのです。 何故、理策さんが僕を対談相手に指名したのか、また写真〜絵画の領域に絡み合うような思考で制作されている事が、この場ではっきりと理解出来たのでした。また、写真集を作る意味、その構造とエピソードは興味深いものでした。
理策さんは、2015年2月1日(日)-5月31日(日)、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館で、大きな個展が控えています。この関係はしばらく続きそうです。乞うご期待。

|

« トークイベントを開催します。 | トップページ | 諏訪敦 「美しいだけの国」 »

コメント

諏訪さんsweat01sweat01


お疲れ様です。
もうすぐ
卒業シーズンですね。


諏訪先生は、


先生として、
社会人として、
男として(笑)、


どんな言葉を
卒業生に贈るのでしょうか。


私は転勤した上司から


正対する


という言葉を
教えて頂きました。


正対することについて


他と正対すること

難しいし、
わからないし。


自分とも正対すること


難しいし、
わからないし、
面倒くさいし(苦笑)、
正解はないし(苦笑)、
どうにもならないことも
あるし(苦笑)


諏訪さんは
仕事上、
正対のプロですよね?

モデルさんと
正対して
見えてしまうんでしたっけsweat01sweat01

正対のプロが
ご自分自身と
正対した時も
プロであるのか?(笑)


次回こそ
お話が聞けたらいいなぁ。


プロの手法を
盗みとりたいなぁ。
盗むのは、よろしくないか(^_^;)


だったら

トントン
(ノック、ノック(笑))
たのもう〜、
ご伝授願いたし〜(笑)

無料でね(笑)

投稿: Milky★Way子 | 2015年2月 7日 (土) 17時46分

こちらこそ、ありがとうございました。
届くまでの時間の流れが楽しかったです。
その間、こみみサン元気かなぁと思っていましたら、美術雑誌でこみみサンを発見!
かわいすぎてヤバかったです。
絶妙なタイミングでびっくりでした。

投稿: ゆみ | 2015年2月 2日 (月) 22時03分

ゆみさん、拝受しました。洒落がきいていて、楽しいものでした。ありがとうございます。

投稿: SUWA | 2015年2月 2日 (月) 16時29分

成山画廊さん宛に送付させていただきました。食品ですが日持ちするものです。よろしくお願いします。

投稿: ゆみ | 2015年1月24日 (土) 21時11分

諏訪先生
お久しぶりです。

当日行きたかったのですが、お洒落な街は私には似合わないし緊張するから止めました(笑)
今度は頑張って行きますので、再びお会い出来る事を願っています┌○ペコリ

投稿: Osamu | 2015年1月23日 (金) 11時38分

ゆみさん

なにはともあれ、御来場を感謝です。
すみません。仕事の打ち合わせやらサインやらなんやら。
おみやげは、成山画廊宛に是非 w。

投稿: SUWA | 2015年1月22日 (木) 22時28分

写真と絵画、写真家と画家のお話、ありがとうございました。全く違う雰囲気のお二人でしたがどちらも黒がお似合いでした。写真集はいい空間と言うお話、写真集が更に素晴らしい作品として捉えることができそうです。
デッサンをすることで心理的盲点を確認する、絵画は今を描けないなど、興味深いお話が聞けてよかったです。
東京タワーが素晴らしくきれいに見えて、会場付近に早く着いたので東京タワーまで行ってきました。諏訪さんが東京タワー描いていたなぁと。諏訪さんにおみやげを買ったのですが、タイミングがつかめずお渡しできず。大学へ送ろうかな(笑)
諏訪さんのほぼ目の前に座ってました。美術関係者じゃなくても追っかけがんばります!

投稿: ゆみ | 2015年1月22日 (木) 21時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« トークイベントを開催します。 | トップページ | 諏訪敦 「美しいだけの国」 »