« なんだかんだで竣工。 | トップページ | 須田一政先生と「画中画」をめぐって »

千鳥別尺のヤマザクラ

201504231_4
先日、酒宴の席で、広島と岡山、鳥取の県境に、とんでもなく巨大なヤマザクラが忽然とある、という話になりましたが、うっかり「見たいなあ」と言ってしまい(笑)そのまま夜明けを待って、車をぶっとばして見に行くことになりました。
アクセスが悪くて閉口させられましたが、関ヶ原の合戦あたりに芽生えたその姿は、来てよかった!という思いにさせられるものでした。千鳥別尺のヤマザクラという名だそうです。

201504232

天気がとてもよくて、日本の原風景という陳腐な言葉を思い出しましたが、正にそう。

201504233_2
クロード・モネの『散歩、日傘をさす女性』を思い出しました(笑)。
胸高幹囲り4.5m,高さ25m。普通はここまで巨大だと、幹が腐敗してウロなどができるそうなのですが、とても状態がよく、周囲の色を変えてしまう程の花びらを周囲に舞わせていました。かけねなしに美しい、おどろきの風景でした。

|

« なんだかんだで竣工。 | トップページ | 須田一政先生と「画中画」をめぐって »

コメント

広島の現代写実研究所の研究会で絵をみていただいたことがあるものです。

桜といえば、岡山県真庭市の醍醐桜をご存知でしょうか。
樹齢が700年ということで、その存在に圧倒されます…。花が咲いてなくても幹や枝ぶりに感動できると思います。

またTwitterのほうで、村上春樹の『騎士団長殺し』の主人公で諏訪さんを想起した、という話題がありましたね。
私も読んでいて諏訪さんを思い出しました。もしかしたら村上さんはご存知なのかな、と。
実際は、タフツ大学の日本語科のスーザン・ネイピアという先生のご主人が肖像画家で、その方を参考にされているようです。
『みみずくは黄昏に飛びたつ』に書かれていました。


投稿: MIKIE | 2017年9月30日 (土) 13時33分

こんばんは。ナカジマアートさんの開廊20周年記念展へ行ってきました。
初めて諏訪さんの生作品を拝見したのがこのギャラリーです。2006年のSLEEPERSです。
あれから色々な作家さんのDMを送付してくださるとてもありがたいギャラリーです。
今回もご案内いただき諏訪さんのお名前を発見!
お祝いにふさわしい作品でわぉと素敵でした。
このまな板の上には豆腐ものったのかしらと思いました。
会期中無休、お客様でにぎわうギャラリーもなかなかいいと思います。

投稿: ゆみ | 2015年6月13日 (土) 21時36分

凄い…。
勇壮で厳かです。

鳥取県出身ですが、知りませんでした。

投稿: Lutraの青春、K | 2015年5月 1日 (金) 00時48分

諏訪さんsweat01sweat01


お疲れ様です。
コメントがアップされていて、びっくりしましたsweat01sweat01只今 鬼怒川温泉であった会社イベントの帰り中です。

アップされていなかったら、このコメント送らなかったです(笑)

アップされたから

諏訪さんの絵を見た
翌日(4/26)からの不思議な繋がりについて ちょっと(かなり長いかsweat02)お伝えしたくて報告しますsweat01sweat01


4/26
大英博物館を見に行く前に東京駅で、
偶然お相撲さんを見かけて、
そのたたづまいの美しさに、スイッチ入り(笑)

4/27(月)両国国技館に
行ってきました。そして
その隣の東京江戸博物館で
なんと
大関ヶ原展(笑)(笑)


なんでしょう〜sweat01sweat01
この繋がりは(笑)

諏訪さんのブログの桜の話がなければ、行かなかったかもしれませんが、

これは、もう 見ろって
言われている気がして
見てきました。

興奮しましたし、
関ヶ原の合戦知らないこともたくさんあって、
またまた諏訪さんに
感謝でした。
おもしろかったですsweat01sweat01

名刀には、鳥肌でました。あれで人を斬りあっていた事実や、刀自体の美しさにまたまたスイッチ入りそうで苦笑いです。

あらためまして
いろいろな話題のブログ
ありがとうございます。
引き続きよろしく
お願いいたします。



大英博物館展

ミトラス神像が、
素晴らしかったです。

雑誌Penの
大英博物館展特集を

たまたま心療内科の
待ち時間に読みまして(笑)ミトラス神像
是非 ホンモノを見たいと思いました。

ミトラス教も
ちょっと興味がわきました。

うんうん
やっぱり実物を
見ないとですね。
本での姿は、
見た気になるけれど

見たってことには、
ならないって
つくづく思いましたsweat01sweat01


諏訪さんのナマ絵を
見ることが出来て
本当によかったって
またまたまた(笑)思いました。
ホンモノを見ると
思い出し率が上がりますね。
それに
思い込みが減り
視点が広がりますね。
ホンモノを見ることは
臨機応変な思考が
出来る人になる訓練にも
なる気がしますsweat01


人としての成長を
手助けする諏訪さんだわ

ありがとうございます
諏訪さん(笑)


ミトラス神像は
想像していたよりも
大きくはなかったのですが

像全体からの迫力で
大きく感じ、
色合い、質感
圧倒されました。
神聖な感じもします。


それに
衣の中っていうか
衣の下っていうか(^_^;)
のぞきこむなんて
出来ないしね(笑)

暗くて中は、よく見えなかったってことにしておきましょう(笑)


諏訪さんが、あべのハルカスで見た仏像の

よっ!って手をあげた感じの気やすさはないです(笑)

牛を剣で刺していますが
残酷に感じないのは、
私だけかな(^_^;)
動物達も、精巧でした。
不思議な神像。


他にも
感動した展示品がありました。
ダーウィンと一緒に航海した航海時計です。(名称は忘れましたsweat02)

あのダーウィン
ですよsweat01sweat01
ダーウィンが実在していたんだって、
急にダーウィンが身近に
感じる(笑)


一方で身近に感じられない
エジプトの柩(^_^;)
(ちなみに柩の頭のテッペンには、フンコロガシがちゃんと描いてありましたぁ)

エジプトがらみだと
ラムセス二世の像も
やさしい雰囲気を感じました。
エラい人って
威圧感じゃなく
受け入れる、受け止める的微笑みに見えます。

人としての
器器器
なんでしょうかsweat01
育まれた器かな。

連呼させるとまるで
デザインのようですね。
器って字は。

大英帝国からの神の奇跡
を見た後は、

日本の神のところへ
ってことで
東京大神宮へ(笑)

恒例?の恋おみくじの結果は


8番


じゃーん
大吉〜(笑)


リベンジ中吉(笑)


でさらに

耳に★のイヤリングをしていたのですが


恋の歌が


大空に二人の星が輝いて
心は熱く愛を語らう

ですってsweat01sweat01sweat01sweat01


きゃーsweat01sweat01sweat01
Milky★Way子のための大吉じゃないですかっ、コレは(笑)


来月 10年以上ぶりに
結婚式に出席するので
(私より10歳年下の友達の)
ますます楽しみって
言ったら


諏訪さん
軽蔑しますかぁ〜(笑)

あー、楽しみです。

昔のスモーク、ゴンドラも楽しかったです、
笑えてね(笑)


またまた諏訪さんの
貴重なお時間を
頂いてしまいましたsweat01sweat01
すみませーん。

知り合いでもないのに。
絶対 迷惑だと思うけれど(すみません)
器が大きい諏訪さんだし、諏訪さんのブログの
波及効果を知って頂くのも
創作の何かに繋がるかもしれないと、勝手に
思いまして。

誰もこんなこと
してないと思うので
ひとりくらいいいかなぁ〜って(^_^;)


機会がございましたら
大英博物館展へ\(^o^)/東京江戸博物館へ
\(^o^)/

投稿: Milky★Way子 | 2015年4月30日 (木) 13時13分

限られた時期にある場所へ赴くというのは、簡単なようでなかなか難しいことだと思います。こんなに神々しい桜と縁があったのは、つまりは諏訪さんご自身の「人の縁」と感じました。
400年もの間変わらずに立っているのに、この桜の存在さえ私は知りませんでした。縁とはそういうものなのでしょう。
いつか何かの縁で私も花咲くここへ辿り着いてみたいと思いました。

投稿: Kico | 2015年4月30日 (木) 02時37分

はぅ…
人に毒されていない佇まい。
タメイキしかでません…

投稿: chiaki | 2015年4月28日 (火) 23時40分

大きな桜の木ですね。
染井吉野ではないところがいいなぁ。
春爛漫ですね。

投稿: ゆみ | 2015年4月25日 (土) 23時39分

諏訪さんの絵をsweat01sweat01


初 諏訪さんのナマ絵を
拝見いたしました。


画廊は、入りにくくなかったですよ。全然(笑)

18時過ぎで
多分最後だったかもしれません(笑)15分くらいはいたかな。ソファーに座って見てました絵を。


成山さんは、思ったほど
ジャンボじゃなかったです(笑)

眼光は鋭かったけれど(笑)

これって どちらもお豆腐ですかって
マヌケな質問にも

なんですか?って言いながらもお答え頂きました。(笑)
感謝です(笑)


よって声も聞けました(笑)



本題の絵について
いろいろ想いはありますが

あらためてなぜ豆腐?(笑)

それから
木のまな板が妙に懐かしかったなぁ〜sweat01sweat01
昭和を感じました。
包丁がなぜないのかな?
(笑)
ウチも木のまな板でした
昔の食卓思い出されますね。


女性の絵、
ナマで見る絵は、
想像していたのと全く違いました。

肌の質感、髪の感じ。
もっとナマナマしいのかと思っていましたが、
違いました。


それは、私にとっては
ちょっと ホッとした感覚で 絵から優しさが感じられました。
あえて言うと
裸婦なのにエロっぽくないんです。


諏訪さんの絵は
写真集よりも、ずっとずっとよかったです。
失礼だったらすみません。

だから、いつか是非
あの絵を見たいなぁと
思いました。

ドクロとキスする女性の絵を。

それから
最初は、よくわかりませんでしたが、


眉と蚕でしたっけ。
とっても気に入りました。

解説を読まないと
わからなかったです。


眉の間から 白い繭が
流れるように、
髪のように描かれて
いましたね。
生きているみたいな、
風を感じるような。

わたしは、あの絵を見て
今後人と話をする時に

眉間に意識を集中して、
力を入れて(笑)
蚕の繭ではなく
クモの巣を出すイメージで(笑)話してみようと
思いました。

ポストカードも頂いてきました。ありがとうございました。

投稿: Milky★Way子 | 2015年4月25日 (土) 22時21分

諏訪さんsweat01sweat01


お疲れ様ですsweat01sweat01

初諏訪さんの絵を拝見してきました。
画廊に行った
長いメールを送りましたが、
届いていましたでしょうか(笑)

長いのに
調子が?で
三回も同じ内容送ってしまいましてsweat02

届いていませんでしたら
あらためて
送りまーす(笑)sweat01


同じコメント数回送信後、
(^_^;)

諏訪さんの
サクラの話を読みました。

諏訪さんも行動してましたね〜(笑)(笑)
自発的ではないにしても(笑)

自発的かどうかなんて
関係ないですね。


あー
やっぱり行動するって
めっちゃ大事ですねsweat01sweat01
(諏訪さんの絵の感想からの話の続きです)


個人的には椿の方が好きかな(笑)

投稿: Milky★Way子 | 2015年4月25日 (土) 22時18分

諏訪様

ご無沙汰?しております。私の故郷の近くにこんな素敵な木があるなんて驚愕です!知らなかった・・
生まれは地方とはいえcitycitizenとして育ったもので車の運転がからきし駄目なんですがf(^_^;
再度実地教習受けて(笑)車運転して是非観に行きたいと思います
季節間違わないように覚えておかなくては(笑)

成山画廊での個展、ものすごく楽しみにしていたのに観に行く事が出来ませんでした・・・
御免なさい
成山様も久々に?お姿を拝見したかったのに・・・元気にならなきゃなあ
色々な所で公言されているかもしれませんがストレス発散の方法って何かされてますか?
松井冬子さんにも直接お聞きしてみたいです

あぁ、諏訪さまっっ!!(坂東玉三郎ファン風)
どうか御元気で長生きしてくださいね
でも画集は前倒しで出版して頂けたならっ・・・

投稿: e | 2015年4月25日 (土) 21時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なんだかんだで竣工。 | トップページ | 須田一政先生と「画中画」をめぐって »