« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

須田一政先生と「画中画」をめぐって

201506271
御無沙汰の更新になってしまいました。
成山画廊で、須田一政さんの展覧会「SOLO」が始まっています。

2015年6月27日(土)〜2015年7月18日(土)
〒 102-0074 東京都 千代田区 九段南2-2-8 松岡九段ビル205号
TEL 03-3264-4871
URL http://www.gallery-naruyama.com/
開館時間 13:00〜19:00 水曜・日曜・祭日休廊

本展覧会は写真家の出生地である東京の千代田区、現在居住している千葉で撮り下ろした作品で構成されているという。展覧会名は「個」の満ち足りた心情が込められているそうです。
プレスリリース、そしてDMのメインイメージとなったその作品は、画廊主の成山明光氏がモデルとなって、私がやはり彼を描いた油彩肖像画が写り込んだもので、様々な系譜を読み取れる「画中画」仕立てとなっています。画廊主はこれまでに、あまたの写真家からのモデル依頼に多く応えてきたが、彼の顔貌は、写真家の意欲を何か刺激するものらしい。

20150627
須田一政先生と。

そのクールな作品群を思い起こすと、おおいに緊張してしまったのですが、こういう機会はなかなかないので、ミーハーさに恥じ入りながら、御願いして一緒の写真に納まっていただきました。奥様が私の仕事をよく知っていてくださったので、とても良い雰囲気の初対面となりました。このところ、フォトグラファーの重要人物との御縁が立て続けです。先日「たまきはる」展で感銘を受けた、神藏美子さんとも初対面。他ジャンルのアーティストたちとの会話は、私にとっても発見が多いので、喜びがあります。

展覧会は、言うまでもなく激シブです。先生を慕うお弟子さん筋の方たちも、たくさん来訪していて盛況でした。

| | コメント (6)

« 2015年4月 | トップページ | 2015年7月 »