« 千鳥別尺のヤマザクラ | トップページ | 「どうぞ」とすすめてくれる器 »

須田一政先生と「画中画」をめぐって

201506271
御無沙汰の更新になってしまいました。
成山画廊で、須田一政さんの展覧会「SOLO」が始まっています。

2015年6月27日(土)〜2015年7月18日(土)
〒 102-0074 東京都 千代田区 九段南2-2-8 松岡九段ビル205号
TEL 03-3264-4871
URL http://www.gallery-naruyama.com/
開館時間 13:00〜19:00 水曜・日曜・祭日休廊

本展覧会は写真家の出生地である東京の千代田区、現在居住している千葉で撮り下ろした作品で構成されているという。展覧会名は「個」の満ち足りた心情が込められているそうです。
プレスリリース、そしてDMのメインイメージとなったその作品は、画廊主の成山明光氏がモデルとなって、私がやはり彼を描いた油彩肖像画が写り込んだもので、様々な系譜を読み取れる「画中画」仕立てとなっています。画廊主はこれまでに、あまたの写真家からのモデル依頼に多く応えてきたが、彼の顔貌は、写真家の意欲を何か刺激するものらしい。

20150627
須田一政先生と。

そのクールな作品群を思い起こすと、おおいに緊張してしまったのですが、こういう機会はなかなかないので、ミーハーさに恥じ入りながら、御願いして一緒の写真に納まっていただきました。奥様が私の仕事をよく知っていてくださったので、とても良い雰囲気の初対面となりました。このところ、フォトグラファーの重要人物との御縁が立て続けです。先日「たまきはる」展で感銘を受けた、神藏美子さんとも初対面。他ジャンルのアーティストたちとの会話は、私にとっても発見が多いので、喜びがあります。

展覧会は、言うまでもなく激シブです。先生を慕うお弟子さん筋の方たちも、たくさん来訪していて盛況でした。

|

« 千鳥別尺のヤマザクラ | トップページ | 「どうぞ」とすすめてくれる器 »

コメント

Lutraの青春、ケイさん、chiaki さん、「画中画」は、展開がされきれていないテーマです。
坂野真一さん、関西方面はさぐっていますので、御待ちください。絵画そのものより、映像を御見せ出来る可能性が出てきました。
ゆみさん、須田先生に会えた事は、貴重だと思います。
Milky★Way子さん、写真家に訴える容姿の方って、いるみたいですよ。

投稿: SUWA | 2015年7月28日 (火) 02時41分

諏訪さんsweat01sweat01


お疲れ様です。
暑い日が続きますが
新アトリエは、
快適でしょうねsweat01

成山氏が写真家さんのモデルになるケースが多いってコメントに、
ほーって思いました(笑)


多分成山氏のオーラというか、気というかに、
超激しく(笑)写真家魂を
揺さぶられるんですね。
プロ写真家ってことか。


確かに わたしの知る限りではありますが、会社にはいない独特な雰囲気の方でした(笑)


ナマ戌山氏は
一見の価値ありですよねー。
更に声も聞いて★dash
ですよね、諏訪さんsweat01sweat01
(笑)
写真も絵の印象も、
また少し変わるかも
しれませんから。

人生経験としても(笑)。

うーん
かっこよかったなぁ〜。
でも 上司なら...
ノーコメント(笑)


成山氏も猫好きかsign02(笑)
諏訪さんとは、猫好き繋がりかsign02(笑)

違う違う
仕事繋がりですね(^_^;)

投稿: Milky★Way子 | 2015年7月24日 (金) 23時07分

最終日に伺いました。
須田先生がいらして座られている後ろに諏訪さんの作品が撮された作品があり、落ち着いて拝見出来ませんでした。でもブログに載っているお写真の諏訪さん不在バージョンを生で拝見できてとてもよかったです。DMも無事にいただけました。驚きの方!の下に名前を書かせていただきました!
ところで画集どうせなにもみえないチェックを久しぶりにしました。近くの本屋さん、第4版でした。すごいペースじゃないかと思いました。

投稿: ゆみ | 2015年7月18日 (土) 20時03分

うーん、残念ながら関東方面への出張がないので、ちょっと拝見する機会に恵まれませんね。

行きたいなと思わせる文化的催しは、ほとんど東京に偏っているような気がしますね。

全然関係ありませんが、アマゾンに諏訪先生のページができてるんですね。遅まきながら今日発見致しました。

ますますのご活躍をお祈りいたします。

投稿: 坂野真一 | 2015年7月 8日 (水) 19時27分

成山氏は、“裕次郎”を彷彿とさせる方ですね~
「画中画」にその作成者お二人。
贅沢なひとこまです。

投稿: chiaki | 2015年7月 5日 (日) 21時07分

「画中画」ですか。シュルレアリスムみたいなのではよく見たら記憶があります。ワタクシはご本人とその肖像画は初めて見るような気がします。

投稿: Lutraの青春、ケイ | 2015年6月30日 (火) 19時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 千鳥別尺のヤマザクラ | トップページ | 「どうぞ」とすすめてくれる器 »