« 須田一政先生と「画中画」をめぐって | トップページ | 日曜美術館 『忘れられた天才 明治の洋画家・五姓田義松』 ゲスト出演について »

「どうぞ」とすすめてくれる器

201507271
タイトルを読んで、なんのことかと思ったでしょう。
その傾き具合で、一目瞭然だと思います。ちょっと笑える内田好美さんの焼き物。
立ち寄った食器屋さんで、すみっこに鎮座していた器に「どうぞ」と言われた気がしたので、ついつい連れて帰る事にしました。ご飯がさぞかしすすむことでしょう。

201507272
横から見ると判りますよね。こういうことです(笑)。重力に耐えきれずひしゃげたのを、採用した模様。この根性無し具合に感じ入った訳です。本来僕は、かちっとしたモノが好みなのですが、あまりの大らかさにやられてしまいました。

作家の内田好美さんがいらっしゃったので、即興で銘を考えていただきました。
命銘 「へっちょこ碗 」   …へっちょこってなんだ(笑)。
桜色に染まっているのは、辰砂釉が散っているためです。僕ら画家には御馴染みの岩絵の具の名(赤色硫化水銀)ですが、陶芸におけるそれは、銅由来であり、違うものです。珍しい色味で、料理に合いそう。
同時に展示されていた小澄正雄さんの硝子は素晴らしい仕事で、私の本来的な好みにぴったりだったのですが、今回は我慢(笑)。

西荻窪 魯山
 「内田好美 小澄正雄 二人展 2015」
2015年7月25日(土)~8月2日(日) pen 11:00/19:00 28(火)お休み

|

« 須田一政先生と「画中画」をめぐって | トップページ | 日曜美術館 『忘れられた天才 明治の洋画家・五姓田義松』 ゲスト出演について »

コメント

chiaki さん、もうすっかり秋ですね。
ゆみさん、行かれたのですね。良かったでしょう。
Milky★Way子さん、もう、何とでも会話出来ちゃいますよ。

投稿: SUWA | 2015年9月19日 (土) 00時15分

確か、HAPPY BIRTHDAY!
お忙しい毎日、よい1年となりますように。
ねこによろしく。

投稿: ゆみ | 2015年9月18日 (金) 21時37分

諏訪さんsweat01sweat01


どうぞ と すすめてくれる器


タイトルがいい!
気に入りました(笑)


そうですか、器が
諏訪さんに語りかけて
きたんですね(笑)

器と会話ですね〜。


どうぞ
お食べやす〜って
京都美人風に言われましたか?

どうぞ
食べなはれって
大阪商人(あきんど)風に
つめ寄られましたか?


えー
広島弁は、わかりません(笑)


そんな風に考えると
ごはんの味も
楽しく美味しく
いろいろな味に
変わっちゃうかな?(笑)

果たして諏訪さんは、
どんな風に器から
アブローチを受けたのか
なぁ〜。
手に持った感じは、
置いた感じと印象が変わるのかなぁ〜。

少なくとも
どうぞ って言われているから、ごはんを残せないですよね(笑)
断われないでしょう〜。
夏バテ知らずバンザーイ
\(^o^)/

投稿: Milky★Way子 | 2015年8月 4日 (火) 22時58分

西荻窪まで行ってきました。店主さんが入口で打ち水をされているところでした。店内には私の好きなメダカも泳いでいて涼しい演出です。
へっちょこ碗をみてきました。思ったよりは控えめに見えました。
かわいいどんぶりがあったので購入しました。今晩は早速このどんぶりでうどんをいただきます!ミョウガをいっぱいのせます。
いい雰囲気のお店でした。名前を記帳してきましたがその紙もいい!!でした。
ありがとうございます。

投稿: ゆみ | 2015年8月 1日 (土) 19時18分

暑中お見舞い申し上げます。

連日の暑さで、この碗さんくらいひしゃげております…
うっかり陳列されていたら、私も“お持ち帰り”!?

投稿: chiaki | 2015年7月31日 (金) 22時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 須田一政先生と「画中画」をめぐって | トップページ | 日曜美術館 『忘れられた天才 明治の洋画家・五姓田義松』 ゲスト出演について »