"50 Creators with Lamy"の動画公開

あけましておめでとうございます!

クリエイターが仲間にアートを贈り、相手を想いLAMYペンを選ぶリレー"50 Creators with Lamy"に参加しております。山中俊治さんから始まり鈴木康広さんから私へと繋がりました。

80秒ほどのメッセージ動画が、Lamy Japan YOUTUBE公式チャンネルにアップされました。
私は現代美術家・八谷和彦さんへ渡すために、彼が Open Sky で着用していたヘルメットをかぶった少女のドローイングを軽めに描きました。こういうの描くのは珍しいと思います。

この動画は昨年末に亡くなった、こみみちゃんの姿が含まれています。気の回る猫で鳴くタイミングも完璧すぎます。

私へは鈴木康広さんから、カリグラフィー用の万年筆とともに直筆のドローングを贈っていただきました!
嬉しい。
私の癖のあるペンの持ち方を反映しています。よく見てくださっているなあ w。映像で確認すると確かに、私はこういう児童教育のためにならない筆の持ち方をしているのです。

Csclltqumaa6txz

| | コメント (1)

やなぎさんの演劇を見に行ってきます。

20111104
やなぎみわさんより御誘いいただいたので、演劇の新作『1924 海戦』を見に行ってきます。関東大震災周辺の時代を舞台に、演出家の土方与志、美術家の村山知義らを題材とするらしいです。
三部作だそうで、その真ん中の舞台。2011年11月1日–6日 神奈川県芸術劇場「ヨコハマトリエンナーレ2011」関連企画。
ポスターはロシア構成主義風?御馴染みのエレベーターガールも配されてますね。
やなぎみわさんとは数年前に対談しましたが、際立った聡明さが印象的でした。ホワイトキューブに帰結するアートからの脱走を企てているのでしょうか。確認してきます。

| | コメント (3)

紀伊國屋書店新宿南店

20110812
最新絵画作品集〜どうせなにもみえない〜のフェアを、何と紀伊國屋書店新宿南店さんがやっていただけていると、求龍堂Aさんより写メが届きました。びっくりです。このお店の担当者は目利きと定評があるそうで、光栄です。
本が世の中に出てしまえば私がこれ以上出来ることはなく、ほとんど現場の皆さんの格闘になります。
レイアウトが少年の頃入り浸ったレコード屋さんのそれに似ていて、ちょっと懐かしかったです。

紀伊國屋書店新宿南店/64bgoh


| | コメント (6)

本多劇場って初めてだ。

20081012今日は何やら忙しかったです。いろいろ行きましたが、昼過ぎより、とある男性を描きに行っていました。言っとくけど、すげえかっこいいよ。
緊張しましたが年明けには発表出来るかな。乞う御期待。
夜になって下北沢へ移動。ナイロン100℃「シャープさんフラットさん」を鑑劇。
出演者よりインビテーションをいただいてブラックチームを観に行きました。思えば本多劇場って意外にも初めてだ。
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:大倉孝二 三宅弘城 峯村リエ 小池栄子 坂井真紀 住田隆 マギー など。
三宅と大倉以外のメンバーを2チームに分け、同じ脚本を別キャストで微妙にストーリーも変えるそうです。2時間半の長丁場でしたが、暗くなるとすぐ寝る私が眠らなかったということはかなり楽しめたということだろう。

笑いと演劇の関係は掘り下げると結構難しい。脚本家って苦しそうだなと言うのが素直な感想。
私にとっては絵を描いたりする事がそれにあたるのだろうけど、発表はイコール恥を忍ぶ事にかなり近いと日頃思う。絵を描いて得る喜びはもっと後にくるものかもしれません。

|

岡本太郎先生のプチ遺産。

20081008
今朝の毎日新聞の挿絵は御覧になられたでしょうか。渋かったでしょう(笑)。
公私ともに激動で、時間が刻みに刻まれて、ふにゃふにゃな私ですが、その隙間に性懲りも無くヘンテコなブツをまた仕入れました。
70年の万博以降、岡本太郎グッズが多数、町にあふれましたが、これもキリンシーグラムのノベルティーグッズのひとつ。「・1970年代」というアイスピッチャーで、トングもあるそうです。あの頃「顔のグラス」は一家に一個ありましたが、これはあまり見た事ないでしょ。
レアグッズと言えば、ガラスケースで保存しちゃう派が正道らしいのですが、私の場合断然使い倒す派です。使ってみないと善し悪しがわからない。でもこれがあると懐かしい「顔のグラス」も欲しくなっちゃいます。

|

迷子。

今日もいろいろありました。
河っぺりで迷子になったのはきつかったです。暑くて汗だくになりました。
良い事も。
新しい仕事の協力者が現れました。年末あたりにはその概略を発表致します。新しい出会い。新しい刺激。新しい技術。とてもやる気になりました。

半蔵門線を移動。K氏とどす黒い話をしながら中華料理ワニ喰い。全然期待していなかった飛び込みの店だったけどとても美味しかった。
その後銀座へ移動して、今年のアートフェア東京で知り合ったT君のグループ展のセッティングに乱入。御迷惑かけました。絵を描くひとはなんでこんなに多いんだろうと思う。それぞれが大変な学歴、賞歴なんだけど。

|

映画を観に。

Download_img3ギャラリストのSさんに付き合ってもらって、銀座で「ぐるりのこと。」という映画を観に行きました。こまかな役までキャスティングが素晴らしく、自然に映画に入り込めました。じんわりとして良かったです。
主人公のこころが回復してゆく重要なファクターとして絵画を描く行為が効果的に使われている事が、絵を生業にしている私にとっては嬉しく感じられました。
夫婦関係を描いたものですが、意外と女連れでなく男だけで行った方が得るものが多い作品だったような気もします。

|

新しいモデルさん

20080607来週水曜日掲載の毎日新聞の挿絵のモデルを探していました。ていうかモチーフなんだけど(笑)。
古井さんの文章に永井荷風の『断腸亭日乗』を読み返す記述があるので、本を書く事に決めて、雰囲気のある本を探す事に。結局私が好きな『濹東綺譚』の初版が見つかったので購入。ちょっと値が張り痛かったけど本だけは資産です。あの時期の本は独特の質感を持っていて木村荘八の挿絵も勉強になります。

|

セクシーポーズ。

はい。セクシーポ−ズです。グラビアで使えそうな。
20080531_2やっとさっき絵を仕上げてデータ送りました。建物を描く企画なのに、樹を描いてしまいました。あははは(恐)。担当者はゆるしてくれるでしょうか。だって描きたくなかったんだもん。私に依頼した時点でこんな展開も織り込み済みだったかもしれません。

さて。ストレスは物欲に転換されるものです。一年足らずで携帯電話機種変更してしまいました。サイバーショット携帯を選びました。高い、重い、分厚い。でもぎっしり感があってお気に入りです。これでブログの写真もより綺麗になるはずです。

アドレスのデータがいくつかとんだような・・・。

一昨日、某工房からコラボの申し入れがありました。サイトで先方をチェック。

良い仕事していました。多分乗る(笑)。

じっくりやって行きますが詳細は発表できる段階になり次第ここと、公式サイトで。まったく接点がなかったもの同士で話が早く展開して行くのはネット社会の恩恵でもあります。

|

聴診器の誘惑。

200805255/10の私のブログを見たという、美術界猫組長こと某誌のSさんが、こんな画像を送りつけてきました。誘惑に負けて聴診器を買ってしまったそうです。あまつさえ「美術界聴診器愛好会」なんてものを結成しようと云う勢い。また零細な会が増えてしまう・・・聴診器は楽しい。飼い猫さんの複雑な表情が味わい深いです。
猫のゴロゴロ音を聞くと意外と複雑なのに驚きます。猫のゴロゴロ音は低周波数成分が主で、実は骨芽細胞を活性化して骨密度を向上させたり、怪我の治癒を促進する効果があるという説を先日TVで見ました。(猫が役に立つなんて信じられない。)怪我をしたら猫を手放せませんね。

|

より以前の記事一覧