USTREAM 初体験。

20110802
USTREAM の番組、J-CAST THE FRIDAY に9月2日(金)出演しました。
ユニークユーザー1000万人という急成長のメディアだそうです。
金曜日 昼12時30分生放送。 J-CASTニュースの姉妹サイト「モノウォッチ」動画版です。
J-CAST THE FRIDAY へリンク
佐藤美術館主任学芸員の立島惠さんにも御声かけして一緒に出ていただきました。立島さんのおかげで放送事故にならずに切り抜けられました。
スタジオは地上波と違って、量販店でも揃えられるパソコンとホームビデオでも放送局を立ち上げられることに驚きがありました。ちょっとゲリラ風。初期パンクの状況を思い出しました。

司会をされていた平野さんの胸先三寸で w 放送時間もその場で伸び縮みするのが、生放送のUSTREAM ならではの自由さ。30分の予定が、1時間程になってしまいました。それ程に現場は楽しかったんだけど、視聴者にはそれがとどいていたかどうか。

伊達眼鏡の平野さん、怪我しても来てくれた本田さん、クールなスタッフの皆さん、闘う営業山田君、求龍堂@田中さん、立島さん、ありがとうございました。
アーカイヴ化するそうなので、後日でも視聴出来ます。

| | コメント (2)

ヘンなもの買いましたか

20110829

もう何年もモチーフとして借りっぱなしになっていたキリンの頭骨を、先月やっと返却しましたが、ぽっかりと空いた私の胸の空洞、どうやって埋めたら良いの。
というわけで、マイキリンの頭骨を探し求めました。いや〜美しいなあ。
骨董品扱いの不完全な状態。しかも南方系亜種。老齢の雄だったらしく、何カ所も角状突起だらけ。角なんか枝分かれ。まぶたの上あたりも角になりかかっていて、左右非対称のでこぼこ。さぞかし凄まじい人相だった事でしょう。
家の前でホースでじゃんじゃん放水してアフリカの泥を嬉々として洗い流していたら、通行人にいぶかしい目で見られました。

おかげさまで拙著「どうせなにもみえない」は8/7〜14日の出版業界紙によると
ベストセラーランキングに入っている模様です。特に八重洲ブックセンター本店の、美術音楽部門で第2位!ぱちぱちぱち!
ちなみに第1位は「AKB48総選挙!水着サプライズ発表 2011」だそうです…。
勝てるか!そんなもん w。
大型の画集がベストセラーランキングに入ること自体異例なことだそうで、僕も想像してませんでした。

| | コメント (10)

熱川バナナワニ園にて

お盆休み前に、熱川に温泉浸かりに行って参りました。
熱川は全てが弛緩している。駅前にはハイビスカスとか咲いてて、あっけらかんとして脳髄が溶け出すようだ。海水浴場にも行きましたが、死ぬ程暑い。重量を感じる暑さ。波も晴れわたってるくせに荒れてました。

20110811

干物はふんだんに売っているし、美味しい。
あっという間に干物が出来る。
この世の地獄があるとしたら、多分こんな風景なんだろう。

201108111

キューバワニのみなさん。折り重なって微動だにせず。このような風景が延々続く。それが熱川バナナワニ園。それでも他に行くところがない。
本来は1日中居たいような、とっても好みにぴったりの施設なんだけど、この暑いのに温室 w。

201108112

アルビノのイリエワニ。おそろしく希少な生物なのだけど、鼻先が曲がる程に狭いスペースでぐんにゃりしてました。身体に苔がびっしりで、シロワニなのかわからない。限りなく普通のワニ。身長が約4m、体重約400kg。でかい。

201108113

動物園の人気者、希少生物レッサーパンダがここでは何故か大量飼育。なぜだ。
でもやっぱりそこは熱川バナナワニ園。全員暑さでぐんにゃり。

熱川の温泉はとても良いお湯でした。すっごく気持ちいい。海から上がって来た後、浸かる湯はさらりとしていて特に至福でした。

| | コメント (2)

続々・展示作業@諏訪市美術館

201107272

昨日は小松音響さんが現地入り。例の3段真空管アンプを、工場のようにレイアウト。絵画だけではなく是非みてほしい。工業製品が見せる幻想的な貌。

201107275_2

猿山修さん作曲のBGMも、パッケージされて納品。会期後半には、会場で販売するかもしれません。
Viola da gambaによる4つの小品です。時計の音とともに加わり、消滅する音形のヴァリエーション。

201107274_3

日曜美術館でドキュメントされた「恵里子」も初公開。制作中、助言いただいた佐藤技研の佐藤洋二代表の手による、ハイパーな装飾義手もディスプレイ。

201107273

激務をぬって、諏訪市の山田勝文市長が陣中見舞いに来てくれました。

いよいよオープニングです。昼はセレモニーとかでざわついているので、ゆっくり絵画を御覧になりたい方は、夕方が御勧めです。

| | コメント (7)

続・展示作業@諏訪市美術館

201107261
今日は学生のときに関わったらしい、福島淑子さん(左)が思いがけず展示作業の御手伝いを申し出て、来館してくれた。ありがとう。
彼女自身、実は2007年のシェル美術賞グランプリ受賞などで知られる将来有望なアーティストだ。なのにどうして報酬も出ない裏方なんて。せっかくなので彼女の画面構成力を生かし、額に複数の画面をセットする難しい作業に、スタッフのMさんと取り組んでもらいました。
「紅の豚」の飛行機工房のような状況です。「帝冠様式」の天井がいけてるでしょう。

201107262_2
僕は破損が見つかった初期作品の修復作業。

明日は倍音原理主義者、小松音響さんと、作曲の猿山修さんがいよいよ現地入り&セッティング。いずれ劣らぬ方たちなので、気が抜けないです。

| | コメント (4)

武蔵野美術大学 美術館・図書館に行きました。

201107222_2

武蔵野美術大学 美術館・図書館に、出版物の原稿執筆を依頼されたので、新装なった図書館に行きました。
本棚で迷路的な導線をつくり、構造体としての機能も担わせているようです。
天井の光線も快くって、まさに書物の森
そこかしこに暗がりもあって、床にだって座り込める。本好きには理想の空間であろう。

201107221
おそらく学生には絶対に買えない、ミュージアムクラスのデザイナーズチェアがそこかしこに配置され、自由に読書や居眠りに浸れる至福の空間。
私の在学中のプアさに比べると、羨望でありました。
現役生は本当に恵まれている。1日中だって居座っていたくなるもの。

| | コメント (5)

半年ぶりにぼんやり。

20110718
今日は1日が長かったです。ほぼ半年ぶりにぼんやりして、とりとめもないことができたからです。窓に張り付いたヤモリなんかも眺められたわけです。
一昨日、成山画廊「一蓮托生」の会期を終えました。
日本の絵画にまつわる完成度至上主義にちょっと嫌気がさし、スペインで見出した価値観、あえて成長過程、未完の作品を見せて行く、ということにもトライしてみましたので、実はこころ穏やかではなかったのです。
でも、なんだかんだで、最後はハッピーエンドでした。
ラスト2日間はできるだけ会場にいましたが、いろんな方に会えて楽しかったです。
小説家3人、漫画家2人、研究者2人、など、やたらその2日だけで、物書きの御来訪が多かったのが不思議でした。

延長になった長丁場の展示でしたが、全ての御来場していただいたみなさんに感謝します。

| | コメント (6)

絵画とモデル

20110609
今日は、成山画廊でオープニングレセプションでした。イベントが似合うスペースです。
私はパーティーが苦手で、事実、私としては初めての開催でしたが、主催者たる作家本人なのに不在という非常識をやっちまいました。すみません。
せめて掃除程度は手伝いに行こうと時間終了後にやっと出向いたら、大勢残っていていただいて、結局、終電まで雑談を楽しんだのでした。
この場を借りて、お会い出来なかった来場者の皆さん、ありがとうございました。絵画を楽しんでいただけたらそれで十分です。
松井さんも亀井君もありがとう。華がある作家さんたちは、いてくださるだけで助かります。池島君とも初対面でした。
DM も例によってまだ送れてませんが、どうしても、と御希望の方は御送りします。リクエストしていただければ。会場でも配布してます。

写真。
GR DIGITAL Ⅲ になって、暗い室内でも使える機械になりました。
絵画とモデル。

| | コメント (2)

セッテイング

20110608明日初日の個展@成山画廊〜一蓮托生〜のセッティングの図。長身痩躯のふたりがさっさと決めてくれる。
本題。
急遽、前期と後期に分けて、展示替えをする事に決めました。
前期(〜6/23)はストイックに肖像画を中心にした布陣。
後期(6/24〜7/9)で、大きな作品も加えて混沌としてくる。という計画。
7月1日には更に自画像追加予定。複数回来ていただいても、その都度変化があるという企画。

明日は18時よりオープニングです。アルコールが振舞われる模様。1ヶ月の長丁場のはじまり。

| | コメント (2)

脱皮

20110606
アトリエの前の小さな灌木には、アリマキ〜テントウムシ〜アリの利害のサイクルがあって、しゃがみ込んでみると、騒がしい風景に驚かされる。
家人が ナミテントウのサナギを拾って来た。これが生きているとは信じられない。縁起物が入っていた小さな桐箱に保護して観察していると、中途半端に脱いだ状態で、羽根が固まり始めて紋が出始めているようだ。心配していたら夜半、無事脱皮してくれた。朝になったら放してあげる。
僕が制作でいらいらしても、自然は勝手にまわってゆく。こっちの方がよっぽど美しい。
GR DIGITAL III で撮影。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧